目次はこちら☺︎ 
>>益子出身者が教える│益子 陶器市を楽しむ3つのコツ(目次)

とにかく広い、益子陶器市会場。

各エリアの特徴と、簡単なお勧めルートをざっくりご紹介します◎

IMG_6489r


〇今回のルート
F.共販テント村
K.くみあいひろば 
L.見目陶延 KENMOKUテント村 
C.かまぐれの丘 👈ここから
☆.陶芸メッセ前~遺跡広場 👈ここまで
A.TOKO PARK 
B.路地裏テント

>>地図はこちら (2018年春用に更新済)
※町の各所でも配布しています。

(2018年4月追記)
有益なグーグルマップは以下よりどうぞ^^

※個人の方がまとめられたマップを、了承得てご紹介させて頂いています
出店者さん情報は2017年秋更新ですので、テントエリアの参考までに..
>>わたしの陶器市MAP(twitter)


C.かまぐれの丘
渋い作品から女性らしい細かい造作が素敵な作品まで。
ジャズの演奏家の方がいたり、子ども用のテントがあったり。
楽しい空間です☺︎


〇gramme さん(第一会場)
益子で作陶する、齋藤圭さんと齋藤奈月さんご夫妻の工房です。
○gramme/圭さん…すっきりした白い 磁器が特徴的
○hm/奈月さん…カラフルで楽しい 陶器が特徴的


〇中村かりん さん(第二会場)
溶いた粘土を絞って絵を描く、細かいイッチン技法で人気の作家さん。
年々人気が上がっており、大きな作品は初日で完売していました。

※2017年4月加筆
初日のみ8時から整理券が配布。
年々即売状況から、益子陶器市は2017年までの出店のようです。

👟そのまま階段を登っていきます。


☆.陶芸メッセ前~遺跡広場
益子以外から、出店されている作家さんが多いため、
本当に様々な作風の、バラエティーに富んだ作品に沢出会えます。

※2018年4月加筆
ごめんなさい、上記ページが更新されていないため、
以下の皆さまが今年も出店されるか不明ですm(__)m

ですが、全国からいらっしゃっている沢山の作家さんから、
きっとお気に入りに出会える事と思います。


〇小峰英利 さん(陶芸メッセ前)
淡いパステルカラーと、肌触りの良い素敵な磁器。
食卓がパッと華やぎそうです。


IMG_6489r


〇川西知沙 さん ig
釉薬が溶け出して作る、雫のような模様がたまりません...! 
ひとつひとつ、本当に表情が違います。 


〇野村亜土 さん 👉ig
ぷっくりふくらんだ、愛らしい動物たち。
食卓が、楽しくなりそう☺︎

IMG_6531r
 

〇村上奨 さん
ざらっとした質感と、ニュアンスカラー。
少しお値段はりますが、大人になっても、変わらず付き合える器な気がします。

IMG_6521r


〇うつわや みたす さん 👉ig
蝶やきつつき、フラミンゴなど、繊細なモチーフが付いたカップが特徴的。
絵付けも、繊細なカラーとタッチで、飾りたくなる器です。

IMG_6513r


👟階段を降りて、かまぐれの丘を通りながら、再び城内坂へ戻ります。

続きます>>


こちらの記事もお勧め
>>陶器市だけじゃない!益子で寄りたいアンティークショップ・古道具店まとめ

○Instagram/暮らしの写真>>@u_photooo
○Instagram/家族の写真>>@lifedecor.photo
○撮影メニューはこちら>>LIFE Decoration